人生の王道「西郷南洲の教えに学ぶ」 稲盛和夫より

 かって日本の社会のいたるところに、上質の人間がいました。たとえ経済的に豊かでなくても高邁に振る舞い、上に媚びず謙虚に接し、自己主張することもなく、他に善かれかしと思いやる—そんな美徳を持った日本人がたくさんいました。
 またそのような人々によって構成されていた集団も、自ずから高い品格を備えていました。たとえば、ものづくりの現場には、自分がつくった製品でお客様に喜んでいただけることを誇りに思い、品質管理を強制されずとも、自分が手がけた製品の品質や出来映えに、万全の注意と細心の心配りを払い、手の切れるような上質の製品をつくる人々が存在しました。
 それは、商品を売る店頭でもまた同様でした。駆け出しの店員であろうと、一生懸命にお客様の身になって尽くしました。その上質のサービスも決して上司に言われたからではなく、またマニュアルに書いてあるからでもなく、思いやりに満ちた優しい心から自然に発露してくるものでした。
 日本の企業が、そのような上質の人間に支えられていたからこそ、今日の日本経済の発展があるのだと思います。
 ところが近年、世の中を見渡せば、以前にはとても考えられなかったような、ひどい出来事が続いています。食品偽装事件やリコール隠し、粉飾決算やインサイダー取引に見られる、不祥事の数々です。官庁でも同様です。家庭でも「親殺し」あるいは「子殺し」といった悲惨な事件が続いています。私は、そうした社会の現象もすべて、日本人の質的低下がもたらしたものだと考えています。
 戦後60年、日本人は廃墟の中から敢然と立ち上がり、奇跡的な経済発展を成し遂げました。その結果、確かに物質的には豊かさを得ましたが、逆に精神的な豊かさを急速に失いつつあるのではないでしょうか。
 この進み行く心の荒廃こそが、日本人をして、その質が劣化してしまったようにみえるのです。また、現代の日本社会に混迷と混乱をもたらしている真因なのです。古今東西の歴史をひもとけば、国家は隆盛と没落を繰り返しています。国民が真摯に努力を重ねることで、国家が成長発展を遂げると、やがて国民が慢心し驕り高ぶるようになり、国家が没落することを繰り返しているのです。国家の盛衰は、国民の心の様相と一致しています。
 今こそ、日本人一人ひとりが、精神的豊かさ、つまり美しく上質な心をいかにして取り戻すかを考えなければなりません。年齢を問わず、すべての日本人が改めてその品格、品性を高めることができれば、日本人は世界に誇れる上質な国民が住む国として、再び胸を張れるようになるはずです。私は、それこそが、真の日本再生であると考えています。
 
 人生の王道「西郷南洲の教えに学ぶ」  稲盛和夫 より 

崩れゆく日本の緊急提言 日本への直言 稲盛和夫より

 戦後50年、経済界のみならず、政界、官界でも、あらゆる分野において、数えきれないほどの不祥事を我々は眼にしてきた。なぜ政・官・財 各界のリーダーといわれる人たちが、平然と不正を行うような社会になったのか。
 戦後、われわれは自由と民主主義を獲得することができた。自由で平等な社会は確かに素晴らしいものであった。しかし、自由は放縦に、平等は傲慢に結びつくこともあった。戦後の教育によって「勝手危儘で好きなことをすればよい」と思い込む人間が多くなった。その社会の中でどう自分を制御したらいいのか、それがわからなくなっているから、このような不祥事が多発しているのではないか。戦後半世紀のあいだ、日本人は自らを制御する内的規範というものを失ってしまったのである。社会全体が膿み、不祥事が多発しているのだと私は思う。
 少なくとも現在の政・官・財 各界における指導者たちは、東洋でいう「道」(タオ)に沿ったものを内的規範、判断基準として持つべきであろう。つまり「私」を立てず、自然が教える「何が正しいのか」という「道」に則り、「大道」に即した、いわば「天道」と呼ぶべき基準を持つべきだと思うのである。リーダーたるべき人は、中国の古典にあるように、「偽」「私」「放」「奢」、この四つの患いから離れた人間でなくてはならない。偽りがあってはならないし、利己的であってもならないし、わがままであってはいけないし、奢りの心があってはならない。簡単に言えば、リーダーとなるべき人は、「私」がなく、人格高潔な人でなくてはならないのである。
 経営者は社会的リーダーとして、日本という国をよりよくしていくために、率先して王道を歩んでいくべきだ。
 第三次行政改革推進審議会で、規制の多くが国民のためでなく、各官庁の権益を守るための、また役人の保身のためのものであることを思い知らされた。
 日本は国際社会で信頼され、尊敬されなければならない。その条件としての一つは、開放的な市場経済での繁栄であり、そのために日本は、全人類に普遍的な原理である自由と民主主義を、まず国内で徹底させる必要がある。無原則外交は、ただ相手の機嫌を損ねないというだけの顔色をうかがう右顧左眄外交になるのではないか。
 行革審の審議の中で気がついたことの一つは、官庁出身の委員の方々の中に、自分の関係する官庁の所轄事項以外はほぼ沈黙を守っている方がおられることだ。出身官庁の利害の審議だけ関心を持ち、しかもそれは「自分はこう思う」ではなくて「その件は調整が必要だ」、つまり所轄官庁の考えを聞けという意見である。
 日本の官庁は、自分たちが日本とうい国をつくり守っているが、国のことを考える者は自分たち以外にないし、またいるべきではないと考えているようだ。管主主義とはよくいったもので、欧米型の民主主義とは水と油だ。
 官から見れば、民間は一から十まで監視し、指導し、面倒をみてやらねばどうしようもないものと見えてくるらしい。
 市場秩序は、基本的には自己責任制である。倒産しようと成功しようと、それは自分の責任である。官庁が先手をとって、それでは需要が見込めないとかいうべき問題ではない。
 リスクをかけてトライしてみて、失敗なら自分が損をして撤退する。その中から本当に国民のニーズに合ったものが生き残り、成長していくのが自由経済というものである。護送船団方式とは、最もコストが高い企業が生き延びられるような仕組みだが、これはコストが低い企業には超利潤をもたらす。つまり保護の分だけ国民に損失を与えていることになる。
 さらに、この方式は、既成の業界の既得権益と一体になって現状維持に努め、イノベーションを抑え、現状の市場秩序を乱さないことを目的に国民の行動を規制しているから、新しい価値を生む創造的な経営が育たない。結局、国民の生活の向上を妨げているのである。
 規制緩和には、構造改革が避けられない。つまり、官僚システムの改革、政治改革、行政改革を一体として進めなければ、本質的には達成不可能である。民が官への甘えを絶ち、勇気を持って官に臨めば、規制緩和を勝ち取ることができるのではないか。一人ひとりの国民が知恵と勇気を持って官に立ち向かうことが大切ではないか。
 これからは良識のある一般の経営者および一般のサラリーマンが政治に関心を持ち、尊い一票を行使して政治家を国民に送るならば、現在の政治システムを改善することが出来るのではないかと考えている。
 つまりわれわれ経営者やサラリーマンが政治にもっと関心を持ち、ほんとうに国民のことを考えている立派な政治家を選ぶようにすれば、政治を変えることができるのではないか。つまりわれわれが自らの良心に従い積極的に政治へのかかわりを持つことが日本の自己改革につながっていくと思うのである。
 また現在は、当選回数が多い人が順番に各省庁の大臣を務めているが、このことは国民にとって大変不幸なことだと思っている。ただ一回の当選でもいいから、素晴らしい政策と見識を持っている人物が大臣となれるようにすべきなのである。
 そのためにも「この人物を」と思った政治家をわれわれが投票で国会送ることが必要なのである。その議員たちが「こういう政治をします」と政策を披瀝し、それが立派であれば当選回数に関係なく大臣に指名される、そのような仕組みをつくらなければならない。もしわれわれが選んだ立派な政治家が大臣となり、彼らが勇気を持ってリーダーシップを発揮するなら、各省庁を動かすこともでき、行政改革も規制緩和も可能になると思う。
 もう時間は多くは残っていない。あの戦後の混乱の中で立ち上がったわれわれの先輩経営者にならって、私は今、まず経済人が素晴らしい日本を築くために率先して自己改革を実行すべきではなかろうかと思っている。
 稲盛塾長が最後にやりたかったことがこの書に書かれています。
是非、購読してご一読下さい。